自分だけのオリジナルシャツ

洋服

自分だけのオリジナル

自分だけのオリジナルを作成する事が出来るオーダーシャツは、最近話題になっています。ビジネスマンを始めとした様々な職種の方々に利用されているサービスです。ブランド物のシャツや市販のシャツは同僚と被ってしまう可能性もありますが、自分でオーダー出来るオーダーシャツは世界に一つしかないシャツと言える存在になるでしょう。また誰とも被らないことで職場でも自分だけの個性を出すことが出来ます。オーダーシャツを作成している業者のホームページなどにいけば、簡単にオーダーすることが可能なので手軽さも話題になっている理由の一つと言えますね。

生地にこだわって作成できる

誰とも被らないことで個性が出せるオーダーシャツは、見た目だけでなく機能性も兼ね揃えています。生地は数種類用意されており、着心地や肌触り、吸汗性や通気性によって選ぶことが可能です。オーダーする際はインターネットから生地を選択することで、見た目の変化を確認したりシャツを立体的に正面、側面、背面と動かすことも出来ます。シャツの生地は番手によって選ぶことも可能です。シャツの場合番手が多くなればなるほど高級生地となるので、式典や発表会などの特別なイベント用として用意するために使用している方もいます。オーダーシャツはシーンによって自分好みに作成出来る利点も持っているのです。

シャツを印象づける襟にこだわる

オーダーシャツは襟の形を選択することが出来ます。襟はシャツを印象づける重要なパーツになっており、見た目を大きく変化させることが出来ます。また仕事用とイベント用では襟の形も変わってくるので生地にこだわりのある方は、同じ生地で襟の形を変えて何着も作っています。襟の種類はリクルートスーツのようにレギュラーと呼ばれる襟や、レギュラーよりも少し幅が狭いローレギュラーが一般的になっています。襟が極端に短いウィングはネクタイと合わせやすいため、パーティーなどに向いているとされています。自分が好きな襟の形を選択出来るのもオーダーシャツの魅力と言えるでしょう。

動きやすさを追求するために

シャツの袖口は体の動きを左右します。袖口にもいろいろと種類があり、基本の形であるラウンドにも角落ちや大丸、大角落ちなどに分かれています。見た目の変化は大きくないのですが、普段着用しているとこうした袖口の形が日常生活の動きに関係してくるのです。さらにオーダーシャツではラウンドやショートラウンドなどの基本形では変更料金や追加料金を取ることなく選べるというメリットもあります。一部形状が特殊なダブルカフスやミラノカフスなどのカフスに関しては料金が掛かる場合もありますがそれでも充分と言えるはずです。自分の動きやすい袖口を選択してオーダーシャツを作ってみましょう。

インターネットで簡単に作れる

オーダーシャツはインターネットで簡単に注文することが出来ます。一般的に始めは生地を選択し袖の長さを決めます。それから襟や袖のタイプを選んで前身頃を決めます。ここまで来たらシャツはほとんど完成していると言えますが、そこからポケットをつけるか、ボタンの色にこだわるかなどを選択していけるので通常のシャツを作成するだけであれば5分程度で完成させることが出来るでしょう。作成中にオーダーシャツの料金も出てくる場合がありますので、予算に合わせながらの作成も可能になっています。注文確定さえ押さなければ何度でもやり直しが出来ますので、気になる方は一度見てみるといいですね。

オーダーシャツに次いで人気のオリジナルTシャツ

男性

オリジナルTシャツの作成

オーダーシャツと同じぐらい人気のあるオリジナルTシャツは、デザイン性、機能性、自由度が高いだけでなく作成に掛かる費用が比較的安いということが特徴になっています。

READ MORE
広告募集中